警報発令時の対応

警報等発表時の児童・生徒の登下校について (平成30年4月)

 

 御浜町、紀宝町、熊野市、新宮市 のいずれかに                    

1 登校前に『暴風警報』が発表された場合。

① 児童・生徒は登校させないでください。

② 暴風警報が11時までに「解除された場合は、学校から開始時刻、時間割等について連絡網でお知らせします。周囲の状況を考慮したうえで、余裕をもって登校させてください。

③ 午前8時の時点で暴風警報が解除されない場合は、その日の給食はありませんので、自宅で昼食を取った後、連絡した開始時刻までに登校してください。

【暴風警報が解除されても、河川の氾濫や通学路が危険な状況であれば、保護者の判断で登校を見合わせてください。その場合は学校に連絡してください。】

④ 午前11時時点で警報が解除されない場合、当日は臨時休業とします。

 

2 登校後に『暴風警報』が発表された場合。

 授業を中止し、周囲の状況を見極めたうえで下校させます。

 ただし、通学路の状況など安全に帰宅することが危ぶまれる児童・生徒については、家庭と連絡を取りながら、学校で待機するなどの対応を行います。

 

3 登校前に『暴風警報以外』の警報が発表された場合。

①  原則として授業を実施します。

② 河川の氾濫や通学路が危険な状態であれば、保護者の判断で登校を見合わせてください。 その場合は、学校に連絡をしてください。

③ 大雨洪水警報などの警報が発令されていなくても、天候等の状況により上記②に準じて対応してください。

 

4 登校前に『暴風警報』が発表された場合。

 重大な災害の起こるおそれが著しく大きい大雨・暴風特別警報については、上記 1(暴風警報発表)に準じて対応してください。

今後、台風等、悪天候時の児童・生徒の登校については、上記のことをご理解いただいたうえで、適切な判断をお願いします。