部活動運営方針

 

 

 部活動は、心身の成長が著しい時期にある生徒にとって自らの適正や興味・関心を深く追求していく機会であり、すべての生徒が意欲的に活動に取り組める体制にすることが望ましい。

 部活動の教育的意義や効果を高め、生徒の健全な育成を図るため、下記のとおり尾呂志学園中学校部活動活動方針を定める。

 

1 部活動の目標

(1)スポーツの楽しさや喜びを味わう。

(2)体力の向上や健康の増進等につなげる。

(3)教育課程内の指導で身に付けたものを発展、充実、活用させるとともに、部活動での成果を学校の教育活動全体で活かす。

(4)自主性、協調性。責任感、連帯感等を育成する。

(5)自己の力を確認し、努力による達成感、充実感をもたせる。

(6)互いに競い、励まし、協力する中で友情を深めるとともに、学級内とは異なる人間関係の形成につなげる。

(7)思考力、判断力、表現力等を育成する。

 

 

2 年間活動計画、月間活動計画の作成

(1)各部は、部活動の年間計画、月間活動計画を作成し、生徒・保護者に提示する。

(2) 年間活動計画では、年間を見通して、どの時期にどのような活動をするかについて、示すとともに、4月中に生徒・保護者に提示する。

(3)年間計画をもとに月間活動計画を作成し、前月中に生徒・保護者に提示する。

 

 

3 休養日

(1)1週間のうち、2日は休養日を設定する。

   ①平日に1日と、土曜日または日曜日のどちらか1日を休養日とする。

   ②職員会議や校内研修等、全職員での会議を開催する場合は、その日を休養日とする。

   但し「大会」前は、同一週に限り、練習可とし別の曜日に休養日を設定することができる。

   ③3日以上の休日が連続する場合は、2日に対して1日の休養日を設定する。

   ④屋外で活動する部活動が、雨天のため急きょその日を休養日に変更することはやむを得ないものとする。

 

(2)大会開催等により週休日に休養日を設定できない場合の対応

   ①事前に活動計画等を校長に提示し承認を得る。同時に休養日も提示する。

   ②できる限り大会終了後の一週間の間に休養日を設定する。

 

(3)長期休業中の休養日

   ①土曜日、日曜日、祝日は、部活動は休養日とする。

   ②大会や試合などで、土日、祝日に休めない場合は、翌週内の平日に休養日を設定する。

    

 

4 活動時間

(1)平日は2時間以内とする。

  ①日没時間を考慮し、季節によって活動できる時間を変更し、下校時に安全確保を行う。

 

(2)週休日および休日(長期休業期間を含む)に活動する場合は4時間以内とする。

  ①陸上練習と部活動を合わせて行う場合は、両方を合わせて4時間以内とする。

  ②練習試合を行う場合は、事前の協議をもって判断し、承認する。

 

 

5 定期テスト前の部活動停止期間について

(1)テスト3日前からテスト最終日の前日まで、部活動を休止する。